ここから本文です

3連勝の巨人、投打が噛み合い貯金「1」 阪神はワーストタイの借金「12」

ベースボールキング 7月19日(火)21時19分配信

● 阪神 1 - 6 巨人 ○
<15回戦・甲子園>

 巨人が橋本の2安打4打点の働きなどで3回までに6得点。先発の内海は7回をソロ本塁打のみの1失点に抑え、7月5日の阪神戦以来となる5勝目(3敗)を挙げた。

 巨人は2回、二死走者なしから7番ギャレット、8番小林の連打で一、二塁の好機を作ると、9番内海の三ゴロを、阪神の北條がファンブル。相手のミスで二死満塁とすると、1番橋本が右翼線に落ちる先制2点二塁打を放った。

 巨人は続く3回も連打で一死一、二塁とすると、6番村田が左中間フェンス直撃に2点二塁打を放ち4-0。その後も二死満塁と阪神先発・能見に襲い掛かると、再び橋本が右翼線への2点二塁打を放ち、能見をこの回途中でノックアウトした。

 内海は初回、1番西岡にいきなり二塁打を浴びるも、後続を落ち着いて退け無失点スタート。6点リードの5回に途中出場の原口に7号ソロを浴びたが、6回以降は6者連続三振をマークするなど、7回4安打11奪三振の快投を見せた。

 一方の阪神は、能見が3回途中6失点でリーグワーストに並ぶ8敗目(5勝)。打線も原口の一発による1点に終わり、借金は今季ワーストタイの「12」となった。

BASEBALL KING

最終更新:7月19日(火)21時55分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)