ここから本文です

金利引き下げ制度「フラット35」リノベ、16年10月より開始、住宅金融支援機構

SUUMOジャーナル 7月19日(火)11時9分配信

(独)住宅金融支援機構は、2016年10月1日申込受付分より、「フラット35」リノベの取扱を開始する。
「フラット35」リノベとは、「フラット35」を申込む方が、性能向上リフォーム(※省エネルギー・耐震性等の住宅性能を一定以上向上させるリフォーム)により住宅性能を向上させた中古住宅を取得する場合、借入金利を一定期間引き下げる制度。

金利Aプランの場合、当初10年間「フラット35」の借入金利から年0.6%引下げる。金利Bプランの場合は、当初5年間0.6%引下げ。

「フラット35」リノベは、同機構が独自に実施するもので、中古住宅・リフォーム市場の活性化及び住宅ストックの質の向上を図ることを目的としている。なお、「フラット35」リノベは、「フラット35」Sとの併用は不可。

ニュース情報元:(独)住宅金融支援機構

ニュースSUUMO

最終更新:7月19日(火)11時9分

SUUMOジャーナル