ここから本文です

U2のボノ、仏ニースのテロ事件で武装警察に救助されていたことが明らかに

RO69(アールオーロック) 7/19(火) 17:54配信

フランス南部の街ニースで7月14日に起こったテロ事件の際に、U2のボノが現場に居合せ、武装警察に救助されていたことがわかった。

大型トラックが花火の見物客らに突っ込んだテロ事件で、これまでに84人が死亡、200人以上が負傷している。

このテロ発生日、ボノはニースの街の海岸沿いに立つレストラン「La Petite Maison」のテラスで食事を取っていた。同レストランはテロの発生した場所からほど近く、ボノは他の客と共に武装警察によって避難・誘導されたという。

バンドは翌15日、今回のテロを受けてのメッセージをツイッターにアップしている。

U2のツイートはこちらから。
Love is bigger than anything in its way - Bono, Edge, Adam, Larry pic.twitter.com/1w31gcXIQR— U2 (@U2) 2016年7月15日

RO69(アールオーロック)

最終更新:7/19(火) 17:54

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]