ここから本文です

ガンズ・アンド・ローゼズ、カナダの国境で銃所持により一時拘束される

RO69(アールオーロック) 7月19日(火)20時55分配信

ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズによると、バンドは先週にアメリカとカナダの国境でツアーバス内に銃を所持していたとして拘束されたという。

カナダのロジャーズ・センターで行っていたライブ中、アクセルは「彼ら(国境警備員)はとってもナイスだった」とその事件を振り返り、「彼らはとっても理解があるやつらだった。たまにあることだよね。自分がファッキン銃を持ってるのを忘れるって」と語った。

バンドの代理人はビルボード誌に事実だと認め、「7月15日にフィラデルフィアからカナダ国境に向かっているときに起こったことです」と明らかにした。

ガンズが国境で銃所持で拘束されるのはこれが始めてではなく、ビルボード誌によると、アクセルは1988年のスピン誌のインタビューでも「今年捕まったのはカナダ国境でスタンガンを所持していた時の一回きりだよ。カナダでは違法だって知らなかったんだ」と語っていたという。

RO69(アールオーロック)

最終更新:7月19日(火)20時55分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。