ここから本文です

現職の三軒氏4選 太地町長選

紀伊民報 7月19日(火)16時45分配信

 任期満了に伴う和歌山県太地町長選が17日にあり、即日開票の結果、現職の三軒一高氏(68)=無所属=が新顔でレジャー会社役員の三好晴之氏(73)=無所属=を破り、4選を果たした。当日有権者数は2881(男1291、女1590)人。投票率は75・08%だった。

 選挙戦は2004年以来でその時と同じ顔ぶれの対決となった。三軒氏は、クジラの学術研究都市を目指すほか、道の駅の整備、保育所・幼稚園や小学校の高台移転などを進めることなどを訴えた。3期の実績を評価する人たちから支持を集めた。一方、三好氏は「無投票阻止」を掲げて告示日に出馬した。

 三軒一高氏 町長(町議、漁業生産組合長)日本大学卒、太地町太地、当選(4)

最終更新:7月19日(火)16時45分

紀伊民報