ここから本文です

CL決勝MVPのなでしこDF熊谷も選出…女子欧州最優秀選手候補10人が発表

SOCCER KING 7月19日(火)13時55分配信

 UEFA(欧州サッカー連盟)は18日、2015-16シーズンの女子欧州最優秀選手賞候補10名を公式サイト『UEFA.com』で発表。リヨンに所属するなでしこジャパンDF熊谷紗希も選出された。

 同賞はヨーロッパのクラブでプレーする女子選手が対象。候補10名はUEFAカントリーランキング上位12カ国の代表チームと、2015-16シーズンの女子チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝に進出したチームの監督計20名によって選出された。

 10名の候補者には、2015-16シーズンの女子CLで3度目の欧州制覇を果たしたリヨンから最多の8名が選出。決勝でフル出場し、MVPにも輝いた熊谷も名を連ねた。
 
 女子欧州最優秀選手賞の候補者10人は以下のとおり。(カッコ内は左からポジション/国籍/15-16シーズン所属クラブ)

・カミーユ・アビリー(DF/フランス/リヨン)
・アダ・ヘゲルベルグ(FW/ノルウェー/リヨン)
・アマンディーヌ・アンリ(MF/フランス/リヨン)※アメリカのポートランド・ソーンズに移籍
・熊谷紗希(DF/日本/リヨン)
・ウジェニー・ル・ソメ(FW/フランス/リヨン)
・アメル・マイリ(MF/フランス/リヨン)
・ジェニファー・マロジャン(MF/ドイツ/フランクフルト)※16-17シーズンからリヨン移籍
・ルイザ・ネシブ(MF/フランス/リヨン)
・アレクサンドラ・ポップ(FW/ドイツ/ヴォルフスブルク)
・ワンディ・ルナール(DF/フランス/リヨン)

 以上の候補者は20名のジャーナリストによる選考に進み、8月5日に3人の最終候補者が発表。そして、受賞者はモナコで同月25日に行われる2016-2017シーズンのCLグループステージ組み合わせ抽選会で、トロフィーを授与される。

 なお、2013年から始まった同賞は、これまでドイツ人選手が独占。2013年はGKナディネ・アンゲラー、2014年はMFナディネ・ケスラー、2015年はFWセリア・シャシッチ(2015)が受賞している。

SOCCER KING

最終更新:7月19日(火)14時12分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]