ここから本文です

[国際ユースサッカーin新潟]U-17代表撃破の新潟選抜、自信得たヒーローたちは新たな戦いの場へ

ゲキサカ 7月19日(火)15時0分配信

[7.18 国際ユースサッカーin新潟第3節 U-17日本代表 1-2 U-17新潟選抜 デンカS]

「一枚チャレンジしたらカバーっていうのを徹底していたので、それがハマったと思う」。U-17日本代表を撃破したU-17新潟選抜の188cmCB山田洸太(3年)はチャレンジ&カバーの徹底をU-17代表の猛攻を切り抜けた要因に挙げた。

 相手はボールを握って1ボランチ・MF内藤琉希(北越高)の脇へボールを運び、サイドからのコンビネーションで中央、ゴールライン際へと潜り込んでくる。だが、新潟は局面で2対1の状況をつくって突破を許さず。また簡単にスペースを与えず、相手の仕掛けを躊躇させた。U-17代表のボランチに簡単に前向きのパスを入れさせなかった前線の選手たちのハードワークも光ったが、特に際立ったのが山田とCB三河大地(開志学園JSC高)、そして内藤の存在。チームメートからの信頼感高い両CBは潰しの部分に加えて、背後を襲ってくる縦パスに対しても的確に対応していた。

 加えて山田の右足、三河の左足はフィードの部分でも効果を発揮。そして「去年の国際ユースも出た。去年は出場時間が短かったけれど、今回キャプテンとして出て、ハードワーク続けようと思った」という内藤が中盤の守備で大車輪の働きを見せた。「正直守備はすごいキツかった。向こうは20人くらいいるような感じだった」と笑ったが、幅広い動きでのカバーリング、そして局面でボールを奪い取ってカウンターに繋げるなど存在感ある動きでチームを牽引し、前半アディショナルタイムには長い距離を駆け上がって先制ゴール。青木宗監督からは最後まで「ハードワーク」の声がかけ続けられていたが、FW外山光(長岡向陵高)がインターセプトから独走して決めた2点目も含めて個々が勤勉に戦い抜いた成果の白星だった。

 試合後、ビッグせープを連発したGK藤田和輝(新潟U-18)らは地元の子どもたちからサイン攻め。左サイドから好クロスを上げていたSB土田亘彦(北越高)ら含めて個々が実力を示し、またチームとしても終盤のU-17代表の猛攻に対して身体を張って守り続けるなど、地元の観衆たちの心を打つような90分間の戦いだった。「(このチームで)もっとやりたいなというのはありますね」と山田。この日、自信を得た“ヒーロー”たちは今後、各所属チームに分かれて、クラブユース選手権や全国高校総体を戦い、また新潟県代表の座を懸けて全国高校選手権予選で熱戦を繰り広げる。北越の主将、山田が「(自分たちの力に)自信はありますけれど、個々のレベルが他の高校に比べて足りていない」と語るなど、現状に満足せず、より上を目指す意識を持ってチームでの活躍を期す。

[写真]新潟選抜の堅守の中心になっていたCB山田

最終更新:7月19日(火)15時1分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]