ここから本文です

狙われるレスター、エバートンが敏腕スカウトにオファーも拒否

ゲキサカ 7月19日(火)17時55分配信

 レスター・シティが、エバートンからのスティーブ・ウォルシュ氏に対するオファーを拒否したようだ。英『スカイ・スポーツ』が報じている。

 アシスタントマネージャーと補強部門のトップを兼任するウォルシュ氏は、昨季のプレミアリーグ制覇に大きく貢献したFWジェイミー・バーディやMFリヤド・マフレズ、MFエンゴロ・カンテ、FW岡崎慎司らをレスターに連れてきた敏腕スカウト。初優勝を果たしたレスターの影の功労者で、5月20日には新契約を締結していた。

 そのウォルシュに対して、今夏サウサンプトンからロナルド・クーマン監督を招聘したエバートンが獲得に動いていた模様。しかし、『スカイ・スポーツ』によると、レスターがウォルシュ氏へのオファーを断ったと報じている。

 昨季、奇跡のプレミアリーグを果たしたレスターは、カンテこそチェルシーに移籍してしまったが、バーディやマフレズなど主力流出阻止に動いている。

最終更新:7月19日(火)17時55分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。