ここから本文です

浅野の価値を“涙の壮行会”で実感?英紙が退団セレモニーを動画付きで紹介「広島で非常に大きな存在だった」

ゲキサカ 7月19日(火)19時10分配信

 アーセナルへ移籍するFW浅野拓磨は17日、サンフレッチェ広島の選手としてのラストゲームに臨み、試合後の壮行セレモニーでは涙ながらにスピーチを行った。その様子を英『メトロ』が動画付きで紹介している。

 3日にアーセナルへの完全移籍が発表された浅野。17日に行われたJ1第2ステージ第4節の横浜F・マリノス戦が広島でのラストマッチだった。チームは2-2の引き分けに終わり、浅野も惜別のゴールを挙げることはできなかったが、試合後の壮行セレモニーでは目を赤く腫らしながら広島のチームメイト、スタッフ、ファン、そして家族に対して感謝の言葉を述べると、最後に家族から花束を受け取り、盛大な形で新天地へと送り出された。

 英『メトロ』はこの様子を「アーセナル新加入の浅野が広島最終戦で号泣」とのタイトルで特集。ライバルのユナイテッドが大型補強を敢行していることもあり、記事では「アーセナルのファンは浅野の獲得に失望していたかもしれないが」と前置きしつつ、セレモニーの雰囲気を通して「浅野は広島でとても大きな存在だった」と紹介している。

 壮行セレモニーで「これからもっともっと成長して、たくましい姿をみなさんに見せて、笑顔を届けられる選手になりたいと思います」と日本のファンに誓った浅野。英『メトロ』でも「アーセナルファンはアーセン・ベンゲル監督が本物の原石を発見したことを祈っている」と浅野の可能性に期待を寄せた。

最終更新:7月20日(水)0時21分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]