ここから本文です

オーバーエイジの誓い…興梠、塩谷、藤春の3人が開いた“決起集会”

ゲキサカ 7月19日(火)21時32分配信

 オーバーエイジ3人だけで開いたささやかな“決起集会”だった。リオデジャネイロ五輪にオーバーエイジとして出場するDF藤春廣輝(G大阪)、DF塩谷司(広島)、FW興梠慎三(浦和)は6月下旬、都内でメディカルチェックを受けた。3人にとって五輪代表としての“初顔合わせ”。まだ23歳以下の代表メンバーが発表されていない中で、一足先に本大会メンバー18人に入ることが内定したのがオーバーエイジの3選手だった。

 メディカルチェックを終えると、3人で一緒に食事を取り、「がんばっていこう」と誓い合った。これまで予選を勝ち抜いてきた選手を“押しのける”形で五輪本大会に出場することになるオーバーエイジとしての重圧と責任。「3人が引っ張っていかないといけない」という話をすると同時に、「チームの雰囲気を壊さないようにやっていこう」とも確認し合った。

 14年1月の立ち上げから2年半。ある意味、すでに出来上がったチームに“異分子”として飛び込む難しさもある。オーバーエイジが初めてチームに合流したこの日、オーバーエイジの選手から積極的に声をかけ、コミュニケーションを取る姿が目立った。

 もともと大人しい性格の選手が多いとも言われてきた五輪代表。宿舎から練習場へ移動するバスの車中も「すごい静かだった」(藤春)というが、興梠が積極的に話しかけるなど、“オーバーエイジ効果”はピッチ外でも見られたようだ。

「A代表だと、槙野くんとかうるさい人がいっぱいある。A代表はバスの中も『うるさいな』って感じだから」と笑った藤春は「自分からどんどんコミュニケーションを取っていきたい。向こうから来るのは難しいと思うし、怖いオーラを出したらいけない。仲良くやれれば」と、笑顔でオーバーエイジとしての“心得”を口にしていた。

最終更新:7月19日(火)22時32分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]