ここから本文です

手倉森監督が吉兆のおみくじで再び大吉をゲット「目標達成後のねたみに気をつけろ」

SOCCER KING 7月19日(火)22時26分配信

 リオデジャネイロ・オリンピックで金メダル獲得を目指す五輪代表に吉兆だ。

 千葉県内で本大会に向けて合宿をスタートさせた手倉森誠監督が、リオでの大勝負を控えて「大吉」を引いていたことを明らかにした。

 2008年から2013年までベガルタ仙台を率いていた同監督は本大会開幕を控え、「いつも行っていた」という仙台市の大崎八幡宮を参拝。そこでおみくじを引き、見事に「大吉」を引き当てたという。

 実はリオ五輪最終予選前の元日にも同神社で「昇り龍のごとく勝ち続ける」と記された大吉を引いており、最終予選では“預言”どおりに6連勝でリオ行きの切符を手にし、アジアの頂点に立っていた。

 ちなみに今回の「大吉」には「目標達成してから人にねたまれることに気をつけろ」と書かれていたようで、「皆さん、私をねたまないでください」と報道陣を笑わせた。

 手倉森監督がリオ五輪で目指すのは、もちろん金メダルだ。7月1日のメンバー発表記者会見では「金を狙わなければ、どう(銅)にもならない」と得意のダジャレで和ませたが、果たして大崎八幡宮で引いた「大吉」の“預言”どおりに、大きな目標を達成できるのか。

文=青山知雄

SOCCER KING

最終更新:7月19日(火)22時36分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]