ここから本文です

トウショウドラフタなど、中京記念厩舎情報/美浦トレセンニュース

netkeiba.com 7月20日(水)14時42分配信

 中京記念(GIII・ハンデ・芝1600m)に美浦から出走する3歳馬トウショウドラフタら4頭の追い切りが行われた。追い切り後の関係者のコメント。

■トウショウドラフタ(牡3・美浦・萱野浩二)について、萱野調教師。
「先週しっかり追い切っていますから、今週はサラッとやりました。マイルで勝っていないのが少し気になりますけど、距離は大丈夫だと思います。先週田辺騎手が追い切りに乗って引っ掛かっていましたけど、今日は折り合っていました。状態は良いですね。重馬場でも悪くはないですけど、中京2週目(7/9・不良)くらい馬場が悪くなるとどうかなと思います。本来は良馬場で切れ味を生かしたいですし、ペースも流れてくれた方が競馬はしやすいですね」

■マイネルアウラート(牡5・美浦・高橋裕)について、高橋調教師。
「中京への輸送がありますので、今週(7/20)は馬なりでサラッとやりました。昨年後半から今年初めにかけて阪神に遠征するなどハードだったので、一息入れてリフレッシュできたのが良かったですね。今は体調も良いです。1400mで3勝していますがマイルも大丈夫ですし、1400~1600mが守備範囲だと思います。中京コースは気にならないですし、今回はテン乗りになりますが、乗りやすい馬なので大丈夫です」

■スマートオリオン(牡6・美浦・鹿戸雄一)について、鹿戸調教師。
「最近成績がもう一つですが、今回はレース間隔をあけましたし、ダイエットもしました。ただハンデも見込まれた感がありますし、最近の成績からも強気なことは言えないですが、状態は良いですよ。昨年のこのレースを勝った後の関屋記念(GIII・11着)は疲れが残っていたのかもしれないですし、京成杯AH(GIII・15着)は不利があって競馬になりませんでした。

 その後の阪神C(GII・14着)、小倉大賞典(GIII・16着)は体を絞り切れなかったこともあり、牧場とも連携してやってきて、今回は10キロ減くらいで出走できそうです。集中力に欠ける馬ですぐにやめてしまうところがありますが、先週末も今日(7/20)も追い切りの動きは良かったです。ハンデの57.5キロはこの馬自身はこなせますが、他の馬が軽い分がどうかと思います」

■アルマディヴァン(牝6・美浦・高橋文雅)について、高橋調教師。
「今日は注文通りの調教内容でした。暑くなるほど状態は良くなる馬ですし、前回1800mのエプソムC(GIII・12着)で前めの位置につけられたことが、今回のマイル戦で生きればと思いますし、中団くらいの位置が取れたら理想的ですね。今回は中身の濃い調教をしましたし、その辺の効果に期待したいです。あとは鞍上(幸騎手)が先入観を持たずに乗ってくれればと思います」

(取材・写真:佐々木祥恵)

最終更新:7月20日(水)14時42分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ