ここから本文です

ガーミン、交通系ICカード機能搭載の製品発表 日本での販売も視野/台湾

中央社フォーカス台湾 7月20日(水)11時54分配信

(台北 20日 中央社)全地球測位システム(GPS)機器メーカーのガーミン・コーポレーション(新北市)は19日、交通系ICカード「iPass」(一カー通)機能を搭載した活動量計「vivosmart HR」を発表した。今後日本や香港でも同様の製品を展開したいとしている。

同社の王正偉副総経理(副社長)は、身に着けて使用するウェアラブル端末の普及は想定より遅れているとしながらも、新商品の発売を通じて市場への浸透を図る考えを語った。

また、日本ではスイカ、香港ではオクトパス(八達通)などの交通系ICカードが普及していることに言及。同製品のさらなる可能性に期待を寄せた。

一方、iPassの運営会社の施勝耀董事長(会長)はこの日、来年の旧正月(1月28日)後にも台湾高速鉄路(新幹線)の乗車にiPassが使用可能になる見通しを示した。現在の発行枚数は980万枚。今後も利用拡大を目指すとしている。

(江明晏、蔡怡杼/編集:齊藤啓介)

最終更新:7月20日(水)11時54分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。