ここから本文です

宮藤官九郎監督の誕生日祝福のため大人計画の三宅弘城が舞台挨拶に乱入! 

cinemacafe.net 7月20日(水)12時15分配信

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』の舞台挨拶が7月19日(火)に開催され、宮藤官九郎監督、清野菜名、皆川猿時が登壇。この日は宮藤監督の誕生日でケーキが用意されたが、なぜか大人計画の三宅弘城が乱入! 思わぬサプライズに会場は盛り上がりを見せた。

【画像】お祝いに駆け付けた三宅弘城

この日は、映画を観終えた観客からの質問に宮藤監督らが答えたが、中にはすでに本作を5回観たという筋金入りのツワモノも! 宮沢りえ、中村獅童といった豪華俳優をどうやって口説き落として本作に出演させたのか? という質問に、宮藤監督は「ちゃんと台本を渡してお願いしましたよ。マーティン・スコセッシのように『これが君の役だ』と伝えて『分かった』と言ってもらいました(笑)」と明かす。特に獅童さんに関しては、映画を観た観客の中でも「どこで出てた?」と話題となるほどのチョイ役、しかも下ネタがらみの役柄となったが、オファーの後にわざわざメールで「一生懸命、演じさせてもらいます」と連絡が来たとか。

皆川さんは、地獄のガールズバンドのメンバー・じゅんこを演じているが、脛の毛を剃ってバンド少女役を熱演! この剃毛に関して、同時期に出演していた「大人計画」の舞台では「毛深い狼男のような役(笑)」を演じており、宮藤監督によると「剃るか剃らないかで、同じ事務所内で“ヘア論争”が起きた」とのこと…。皆川さんは、もしもこの役で日本アカデミー賞の優秀助演賞を受賞したら? との問いに「助演女優賞であればもらいます」と宣言し、会場は爆笑に包まれていた。

この日は、宮藤監督の46歳の誕生日だったが、なんと清野さんのお父さんもこの日が誕生日で、しかも生まれた年まで全く同じそうで、壇上でその事実に気付いた清野さんも、宮藤監督もビックリ! そんな宮藤監督のために特製ケーキが運び込まれたが、そんな中、客席の最前列には、帽子とメガネにマスクで微妙に変装した謎めいた男が…。彼の手には「宮藤くん、誕生日おめでとう」と書かれた垂れ幕が握られていたが、これが宮藤さん、皆川さんと同じ「大人計画」所属で、宮藤監督の『少年メリケンサック』などにも出演している三宅弘城! 映画スタッフも事前には知らされていなかった、三宅さん個人による文字通りの完全サプライズ。宮藤監督は「ヤバいストーカーの人かと思った(笑)。さすがに誕生日当日だから、何かあるだろうとは思ってたけど、ケーキかと思ったら…(笑)」と驚いた様子。三宅さんは「映画は観てないんですけど…(笑)」とこの舞台挨拶のためだけに来たことを明かし、宮藤監督は「(スタッフの仕込みではなく)勝手に来たの? 頭おかしいんじゃない(笑)」とあきれつつも笑みを浮かべていた。

なお、本作は公開3週間(7月18日時点)で観客動員数は91万8千人を突破。興行収入は12億円超を記録している。

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』は全国にて公開中。

最終更新:7月20日(水)12時15分

cinemacafe.net