ここから本文です

【巌流島】地上最も過激な格闘技、元ボクシング王者と対戦

イーファイト 7月20日(水)12時21分配信

 7月31日(日)東京・有明コロシアムにて開催される『巌流島 WAY OF THE SAMURAI 公開検証 Final』にて、“地上最も過激な格闘技”と言われるミャンマーラウェイの最強戦士トゥントゥンミン(ミャンマー)との対戦が決まっていたカポエイラのマーカス・ヴィニシアスが怪我のため欠場。

【フォト】素手のパンチ、頭突き、ヒジ打ち何でもありのラウェイ

 代わってプロボクサーのディディヤー・ニェンベ(コンゴ)がトゥントゥンミンと対戦することになった。ニェンベは元WBFアフリカ王者で、MMA(総合格闘技)の経験もあるという。体重はトゥントゥンミンより10kg重く、契約体重は80kgとなった。

最終更新:7月20日(水)16時44分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。