ここから本文です

オペラハウス、キンググローリアスを偲ぶ会執り行われる

netkeiba.com 7月20日(水)22時54分配信

 20日、北海道新ひだか町にある日本軽種馬協会静内種馬場で「オペラハウス、キンググローリアスを偲ぶ会」が執り行われた。同協会の木村貢、西村啓二両副会長以下、同協会役職員など50人が出席し、名馬の冥福を祈った。

 テイエムオペラオーやメイショウサムソンの父として知られるオペラハウスは1988年英国産。2012年の種付けを最後に種牡馬生活を引退。今年4月20日に左後肢基節骨(繋骨)を粉砕骨折。予後不良と診断され、安楽死の処置が取られていた。

 また、1993年に2歳チャンピオンサイアーとなったキンググローリアスは1986年米国産。2010年の種付けを最後に同種馬場で功労馬として過ごしていたが、7月2日午前7時、老衰のために死亡している。

最終更新:7月20日(水)22時57分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]