ここから本文です

Lenny code fiction、アニメ「D.Gray-man HALLOW」OP曲MVをフル公開

M-ON!Press(エムオンプレス) 7月20日(水)7時7分配信

Lenny code fiction(レニーコードフィクション)のメジャーデビューシングル「Key -bring it on, my Destiny-」(8月31日リリース)のミュージックビデオが公開された。

【詳細】MVはこちら

「Key -bring it on, my Destiny-」は、テレビアニメ「D.Gray-man HALLOW」のOPテーマとして話題を呼んでいるナンバー。

先日、主人公アレン・ウォーカー(CV:村瀬歩)がナレーションを務める同曲のスポットが公開され話題となったが、今回公開されたのは「Key -bring it on, my Destiny-」のフルバージョンのミュージックビデオ。

ミュージックビデオを手がけたのは、abingdon boys school「WE aRE」やKalafina「ひかりふる」、KANA-BOON「Talking」などこれまでに数多くの話題作を世に送り出してきた多田卓也監督。

ミュージックビデオでは“起源”の象徴として使われることの多い、黒い直方体である“モノリス”をバックにメンバーが歌いあげる。これは自分たちが歩んでいく道の選択が、あらたな自分を誕生させるという、曲の歌詞の隠喩となっている。バンドのテーマカラーであるブルーやピンクを中心とした照明も煌びやかで、ダイナミックな世界感を演出しており、全体を通してもクールでスタイリッシュな彼らの魅力が存分に伝わる映像となっている。

「Key -bring it on, my Destiny-」のTVサイズver.も先行配信されているので、こちらも要チェックだ。

リリース情報
2016.08.31 ON SALE
SINGLE「Key -bring it on, my Destiny-」

「D.Gray-man HALLOW」番組サイト
http://dgrayman-anime.com/

Lenny code fiction OFFICIAL WEBSITE
http://lennycodefiction.com/

最終更新:7月20日(水)7時7分

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。