ここから本文です

【シンガポール】国際水週間、16年の成約額は152億ドル

NNA 7月20日(水)8時30分配信

 7月10~14日に開催された水関連の国際イベント「シンガポール国際水週間(SIWW)2016」は、成約額が152億Sドル(約1兆1,928億円)となった。前回の14年開催の成約額150億Sドルを上回る過去最高額を記録した。主催者のSIWWが18日に発表した。
 今年のSIWWでは、◇シンガポール政府が西部ジュロン島に国内5番目の海水淡水化プラントを建設◇韓国の環境省が水関連のインフラ設備の設置・改修に35億Sドルを投資――などといった案件が発表された。
 参加者は、同時開催された「世界都市サミット」「クリーンエンバイロ・サミット」と合わせて115カ国・地域から2万1,000人以上に上った。
 SIWWは、2年に1回開催。次回は18年7月8~12日に開かれる。すでに再出展を決めている企業・団体により、予定会場の約60%のスペースが契約済みだという。

最終更新:7月20日(水)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。