ここから本文です

エプソンダイレクト、Windows 10 IoT Enterprise搭載PCをオンライン販売

BCN 7月20日(水)15時14分配信

 エプソンダイレクト(吉崎宏典社長)は、Windows 10をベースとした産業機器向けOS「Windows 10 IoT Enterprise」を搭載した3モデルのオンライン販売を7月19日に開始した。

 新製品は、Windows 10 IoT EnterpriseをタッチパネルPC「Endeavor TD160E」、ウルトラコンパクトPC「Endeavor ST180E」、省スペースデスクトップPC「Endeavor AT993E」にプレインストールし、それぞれ「Endeavor JE93」「Endeavor JE180」「Endeavor JE993」として販売する。

 Windows 10 IoT Enterpriseは、Windows 10をベースに産業機器向けのロックダウン機能とLong-Term Servicing Branch(LTSB)に対応したOS。とくに、LTSBでは最新の重要なセキュリティ更新プログラムのみを適用することで、システムの安全性を確保しながら機能アップデートによる新機能を適用しないことで変更を最小限に抑えることができる。

 従来、Windows 10 IoT Enterpriseプレインストールモデルを購入するためには、法人向けサービス「キッティングBTOサービス」で、申込台数が20台以上、見積り・注文は同社営業窓口またはエプソン販売代理店経由などといった条件があったが、オンライン販売では1台から購入することが可能となる。

最終更新:7月20日(水)15時14分

BCN