ここから本文です

横浜流星、学校一の問題児に! 「でぶせん」

cinemacafe.net 7月20日(水)12時30分配信

先日、主演に森田甘路が抜擢されたとこが明らかになった「Hulu」オリジナルドラマ 「でぶせん」。この度、新たなキャストとして、いま注目の若手俳優・横浜流星の出演が決定した。

【画像】義志沢月人イラスト

コスプレ衣装の買い過ぎで借金地獄に陥ったデブのキモメン・福島満は、自殺しようと思い立ち、富士の樹海へ。ところが、うっかり穴に落ちてしまった満は、デブの白骨死体とご対面。しかも、死体のバッグの中を改めた満は驚愕する。そこには大金とマンションの鍵、そして女装した自分にそっくりな女性の顔写真が載った免許証が入っていたのだ! しかも何の偶然か、名前までもが「福島満子」と、自分にそっくり。奇妙な遭遇にしばし考えを巡らす満だが、その矢先、満子の死体が着けていたダイヤの指輪がキラリと光る。その光に吸い寄せられるように指輪をはめた満は、彼女の魂が乗り移ったかのようになる。

気がつくと、満は女装し、「帝辺高校」の入学式に出席していた。どうやら、満子はこの高校に国語教師として赴任してきたらしい。状況はあまり飲み込めないが、満はひとまず満子として新任の挨拶をすることに。だが、目の前には殺気立った不良たちがズラリ…! 「デブ!」「でぶせん!」と野次が飛び交う中、筋金入りのいじめられっ子人生の記憶がよみがえった満は、恐怖で失神してしまう。とその時。指輪が光り、満が唐突に上体を起こした。満の頭が額にヒットした教頭は、そのままぶっ倒れて失神。生徒たちがどよめく中、何かに憑りつかれたように眼光が鋭くなった満は「暴れたり、他人を傷つけた方は容赦なく叩きのめします」と、宣戦布告。ところが、満自身はたったいま自分が何をしたのか、まったく把握していなかった。我に返った満は、逃げ出したい気持ちでいっぱいになりながら、担当クラスの寅組へ。そこでは、満をさらにビビらせる、生徒たちの荒々しいにも程がある“歓迎”が待っていて…!?

“伝説の教師”みっちゃん役を森田さんをはじめ、みっちゃんが受け持つ2年寅組の生徒たちを演じる顔ぶれは、神夜晶役の池上紗理依、麻生祥子役の芝崎唯奈。そのほか、東使友亮、渕野右登というフレッシュな面々が集結している。

今回出演が明らかになった横浜さんは、「烈車戦隊トッキュウジャー」でブレイクし、『オオカミ少女と黒王子』『全員、片想い』などに出演。また、昨年上演された舞台「スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE ~さよなら絶望学園~」では主演に抜擢され、先日、その続編も決定し、主演も続投するなど、ネクストブレイクな若手俳優だ。

横浜さんが演じるのは、みっちゃんが受け持つ2年寅組の生徒で、同じクラスの盾野と矛野を半殺しにして停学になっていた不良であり、ケンカはめっぽう強い・義志沢月人役。学校一の問題児として、帝辺高校で暴れまくるという役どころだ。しかし、正義感も強く、いじめられっ子の小山をなぜかいつも助ける。そんな彼には実は、誰にも明かしていない“意外な過去”があるという。

ケンカが強い役どころを今回演じるにあたって横浜さんは「月人は自分の力に絶対的の自信があるので、常日頃から”余裕”でいることを心掛けるようにしました。『こいつヤバイな』という空気感や存在感を出せるようにしたいと思って演じています」と役作りについて語る。また、「他ジャンルの方々が集まり、とても個性が豊かなので、クランクインの時は圧倒されました(笑)。皆さん細かい所までこだわってお芝居しているので、教室のシーンなどは注目して観て頂きたいです。現場は仲良く和気あいあいと撮影をしています」と裏側を明かした。さらに注目のシーンについては、「喧嘩のシーンはひとつの見所だと思います。月人が抱えている想い、そこからの月人の”行動”を注目して頂きたい」とアピールした。

Huluオリジナル連続ドラマ「でぶせん」は8月末、「Hulu」にて配信開始予定(全6話)。

最終更新:7月20日(水)12時30分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。