ここから本文です

【レベルス】決戦前の肉体美対決、さて勝利の行方は…

イーファイト 7月20日(水)15時36分配信

 8月7日(日)東京・大田区総合体育館で開催される『REBELS.45』の記者会見が、7月20日(水)都内で行われた。

【フォト】ブーメランパンツでポーズをキメる健太

 同大会では、WBCムエタイ日本統一ウェルター級王者・健太(E.S.G.)vsシュートボクシング(以下SB)世界スーパーライト級王者・鈴木博昭(ストライキングジムAres)の豪華カードが実現。NJKFとSBの現役王者が団体の垣根を超えて激突する。また、両者はその筋骨隆々の肉体を誇ることでも知られており、肉体美対決としても注目される。

 この日の会見には両者が出席。試合に向けた意気込みを尋ねられると、健太は「パフォーマンスではないんです。普段から職業ナルシストとして生きていると自負しております。だからこの対決は譲れません」と、さっそく言葉に熱がこもる。

 一方の鈴木は「自分の身体には自信を持って生活しております。誰と比べるというよりかは、自分自身がどれだけ恍惚の域に達するかであると感じています」と持論を語った。

 すると、健太から「僕は普段から仕上げていますが、鈴木選手はどうなんだろう?という疑問はありますね」との発言。これでスイッチが入ったか、鈴木がおもむろにスーツを脱ぎ出し、会見は急遽ポージング対決に。

 健太も服を脱ぎ、褐色の自慢の肉体に極小ブーメランパンツ一枚という姿となり会場がどよめく。健太は「フーッ」と息を吐きながら、歯を食いしばり、ワンポーズずつしっかりとキメて、肉体美をアピール。

 対する鈴木は、なぜか靴下と革靴は着用したままだが、こちらも健太に負けず劣らずの肉体。身体中の隆起した筋肉を見せつけるように、こちらもしっかりとポーズをキメてみせる。
 
 完全に火が付いた両者。最後は2人でポーズをキメて、ポージング対決は肉体美の共演となった。勝利の行方は、その場にいた記者とスタッフ8人による多数決に。判定は5-3。健太に軍配が上がった。

 健太は「身体の体型、筋肉がでかさから考えると、瞬発力がすごいと思うので、一発もらわないように気を付けたいですね」と試合に向けてコメント。一方、敗れた鈴木は「パンツが羨ましいです」と悔しそうな表情を浮かべた。

 前哨戦は健太の勝利となった。果たして本戦の結果はいかに。

最終更新:7月20日(水)19時24分

イーファイト