ここから本文です

韓国大統領府民政首席の息子、兵役で”特別待遇”疑惑

WoW!Korea 7月20日(水)9時28分配信

韓国のウ・ビョンウ青瓦台(大統領府)民政首席の息子が、義務警察への服務から2か月で、機動警察の選好度が高いソウル地方警察庁(ソウル庁)へ転出したことが確認された。

 この過程で、義務警察行政隊員の制限期間規定を違反するなど、手続きが省略される”特別待遇”を受けたとの疑惑が提起されている。

 20日、ソウル警察庁によると、政府ソウル庁舎警備隊に服務していたウ首席の息子、ウ某氏(24)は昨年7月3日よりソウル庁の運転兵として転出された。

 問題は、ウ氏への発令が義務警察人事配置規定に違反するという点だ。同件についてソウル庁関係者は「当時、ウ兵士のソウル庁転出過程で、警備部長の運転兵候補が何人いたのか、確認することはできない」としながらも、「転出と発令過程は、適切な手続きを踏んでいた」とし、疑惑を否定している。

最終更新:7月20日(水)9時28分

WoW!Korea