ここから本文です

【特報映像】ディズニー最新作のかつてない映像美に驚愕!新ヒロインの“幼少期”

cinemacafe.net 7月20日(水)12時45分配信

先日、日本公開日が決定した『モアナと伝説の海』。新たなヒロインが登場することでも話題の本作だが、その新ヒロイン“モアナ”の幼少期、“海に愛される”特別なチカラを驚きの映像美で表現する特報映像がこのほど到着した。

この記事のほかの写真

南太平洋で語り継がれる神秘的な伝説をもとに、新たなストーリーを紡ぐ本作の舞台は美しい南の海。ヒロインのモアナは、数々の伝説が残る島で生まれ育った16歳の美しい少女。幼い頃“ある体験”がきっかけで海と運命的な絆で結ばれたモアナは、いつしか“海に愛される”という特別なチカラを持つようになり、やがて世界をひとつにつなぐ大海原へ──。それは、誰も想像できない神秘に満ちた冒険の旅の始まり。

このほど到着したのは、モアナが海に愛されるきっかけを描いた、本編でも非常に重要なシーンの一部を切り取った特報映像。まだあどけなく愛らしい子どもの頃のモアナが浜辺で遊んでいるシーンから始まる映像では、何かに導かれるように、よちよち歩きで波打ち際へ向かうと…まるでモアナのことを愛おしく想っているかのように”海”が戯れるというもの。そして、モアナのかわいさと共に注目したいのは、海の美しさ。海をひとつのキャラクターとして描いた本作では、これまでに見たことのない海の存在が大きなポイントとなっており、その美しい映像に誰もが驚くことだろう。

世界中で愛されるディズニー・アニメーションの大きな魅力のひとつに、誰をも魅了する歴代ヒロインたちの美しい歌声が挙げられる。その歌声は、近年では『アナと雪の女王』でアナ (英語版:クリステン・ベル/日本版:神田沙也加)とエルサ(英語版:イディナ・メンゼル/日本版:松たか子)が記憶に新しい。本作の英語版でヒロイン・モアナを演じるのは、数千人の候補の中から大抜擢された新人アウリー・クラヴァーリョ。『アラジン』『リトル・マーメイド』といった伝説的な名作を世に贈り出し、『モアナと伝説の海』も監督する巨匠ゴールデンコンビのロン・クレメンツ&ジョン・マスカー監督の目にとまり大抜擢されたのだから、その演技力と美しい歌声は折り紙つきだ。

また楽曲を提供には、『ライオン・キング』『ターザン』なども手掛けた音楽家マーク・マンシーナと、ブロードウェイの大ヒットミュージカル「ハミルトン」で「トニー賞」を受賞したリン=マヌエル・ミランダという最強タッグが実現しているところにも注目。

『リトル・マーメイド』『美女と野獣』『塔の上のラプンツェル』、そして社会現象を巻き起こした『アナと雪の女王』と、歴史を塗り替える驚異的な大ヒットを記録したディズニー・アニメーション。そんなディズニーが贈る最新作を、まずは“幼少期のモアナ”の可愛らしい映像と共に、驚きの映像美を楽しんでみては?


『モアナと伝説の海』2017年3月10日(金)より全国にて公開。

最終更新:7月20日(水)12時45分

cinemacafe.net