ここから本文です

海の恵み採ったどー! 夜の海に悪戦苦闘 たいまつ手にサザエ探し 佐渡市小木

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 7月20日(水)13時57分配信

 たいまつで夜の海を照らしながらサザエのつかみ取りを楽しむイベントが16日、佐渡市小木町の海岸で開かれた。県内外から約40人が参加し、幻想的な雰囲気の中、目を凝らしながらサザエを探した。

 6月に小木地区で開かれた「佐渡小木たらい舟・さざえ祭り」の関連イベントで、同祭り実行委員会が主催した。地元産のサザエ約200個を浅瀬の海岸にまき、わら草履を履いた参加者がたいまつ片手にサザエを探し回った。暗がりの中、サザエを見つけると「あった」「大きい」などと歓声を上げていた。

 サザエ探しを楽しんだ後は、用意されたつぼ焼きを味わいながら、小木地区の民謡団体「さざなみ会」による佐渡おけさなどに聞き入った。悪天候のため室内での開催だったが、5曲が披露された。小木小2年の女の子は「石と似ていて探すのが難しかったけど、たくさん見つけられてよかった」と笑顔を見せた。

 29、30日、8月6、7日にも開催予定。各日とも午後7時半に小木町の南佐渡離島開発総合センター前で受付開始(荒天時は中止)。大人1300円、小学生600円、幼児無料。問い合わせ、申し込みは佐渡観光協会南佐渡支部、0259(86)3200。

最終更新:7月20日(水)13時57分

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ