ここから本文です

タクシー車内で配信する次世代デジタルサイネージ、日本交通グループが開発へ

レスポンス 7月20日(水)9時0分配信

日本交通グループのJapanTaxiは、フリークアウトと次世代デジタルサイネージの開発と広告を販売する合弁会社「IRIS」を設立したと発表した。

IRISの資本金は2000万円で、JapanTaxiが51%、フリークアウトが49%出資した。IoT(モノのインターネット)型デジタルサイネージ端末を独自開発した上で、東京都心を走行する日本交通のタクシー車両に設置する。

同時にデジタルサイネージ・ネットワークを配信対象とした動画広告商品「Tokyo Prime」を開発し、フリークアウトを通して広告を販売する。

タクシーの1回の平均乗車時間は18分間。車内にタッチパネル対応10インチの大型高精細パネルを設置し、動画広告を配信することで、ブランド・メッセージを深く浸透させることを支援する。ビーコンを活用した「フィジカルウェブ」に対応しており、広告に関連するWeb URLを対応スマートフォンに通知できる。

IRISは今後、IoT型デジタルサイネージ端末の展開を進め、2020年までに東京都心のタクシーを中心に、関連する商業施設を含め日本全国で5万台の展開を計画する。

また、多言語や決済手段の拡充など、インバウンドへの対応も進める予定。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:7月20日(水)9時0分

レスポンス