ここから本文です

モンゴル初のメガソーラー、シャープらが建設へ

スマートジャパン 7月20日(水)15時10分配信

 新たに建設する太陽光発電所は、モンゴル国(通称モンゴル)ダルハン市の敷地29万1000平方メートルに建設するもので、出力規模(モジュール容量)は10MW(メガワット)、年間予測発電量は約1万4182MWh(メガワット時)である。想定される温室効果ガス排出削減量は年間で約1万4746トン(CO2換算)としている。2016年7月下旬に着工し同年12月から商業運転を開始する計画だ(図1)。

 同太陽光発電所プロジェクトにおいて建設や運営を請け負ったのが日本のシャープ、重光商事、モンゴルのSolar Power Internationalの3社である。2016年7月19日に3社間での契約合意に至りウランバートル市において調印式を行ったという。

 同事業は、環境省が実施する「二国間クレジット制度に基づく設備補助事業」の採択を受けたものだ。「二国間クレジット制度を利用したプロジェクト設備補助事業」とは、新興国において日本の技術などを活用してCO2排出削減事業を実施し、温室効果ガス排出削減効果の測定・報告・検証を行う事業である。これにより算出された排出削減量を、二国間クレジット制度により日本の排出削減量として計上することを前提に、事業者に対し優れた低炭素技術の初期投資費用の2分の1を上限として設備補助を行う仕組みである。

 シャープの太陽光発電に関する技術やノウハウを導入することで、エネルギー源を主として石炭に依存するモンゴル国にクリーンなエネルギーを供給し、温室効果ガス排出量の削減に貢献する。加えて、二国間クレジット制度により、日本の温室効果ガス排出量削減目標の達成にも貢献する。

 シャープは、太陽電池モジュールや架台、インバーターなどの周辺機器の供給に加え、発電所の設計やエンジニアリングを行う。重光商事は、日本での太陽光発電所運営のノウハウを生かし、本発電所の共同事業経営を今後25年にわたり支援していく。

最終更新:7月20日(水)15時10分

スマートジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]