ここから本文です

元なでしこ澤さん妊娠、来年1月ママに 夫婦で涙ぐんで喜び合った

デイリースポーツ 7月20日(水)6時59分配信

 サッカー女子の日本代表「なでしこジャパン」で長く活躍し、昨年限りで現役を引退した澤穂希さん(37)が19日、妊娠していることをマネジメント会社を通じて発表した。来年1月に出産予定で、現在妊娠5カ月に満たないが、安定期に入ったこともあり公表に至った。澤さんは「主人と私の念願であった新しい命を授かることができました。新しい命の奇跡に感謝の気持ちでいっぱいです」と、直筆メッセージで喜びをつづった。

 澤さんは昨年8月に元JリーガーでJ1仙台の運営・広報部長を務める辻上裕章氏(39)と結婚。当時INAC神戸で現役生活を送っていたこともあり神戸と仙台を挟んだ“遠距離婚”だったが、今年2月ごろから仙台市内で同居を始めていた。

 夫の辻上氏は「2人とも望んでいた子宝だったので、うれしかった」と率直な思いを口にした。澤さんから妊娠の報告を受けた際には、幸せのあまり夫婦で涙ぐんで喜び合ったという。夫と妻から父親と母親へと立場が変わることで責任感も増した。「これを機に自分たちも成長していきたい」と、2人で誓いを新たにした。

 生まれてくる子供の性別については夫婦間でもほとんど話題になることはないといい、辻上氏は「元気な子が生まれてくれればそれでいい」。ありったけの親心で、小さな、かけがえのない命を迎え入れる。

最終更新:7月20日(水)8時16分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。