ここから本文です

尼神インター誠子、「騙されたと思っていっぺんやってみ!」を本当にやってみる

お笑いナタリー 7月20日(水)9時54分配信

明日7月21日(木)に放送される「メッセンジャーの○○は大丈夫なのか?」(MBS)で、尼神インター誠子が体を張った検証を行っている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

今回番組では、関西人がよく言う「騙されたと思っていっぺんやってみ!」を鵜呑みにして本当にやってみたらどうなるのか実験。街頭インタビューで挙がった、「アイスを食べて頭がキーンとなったときに額を冷やすとその痛みがなくなる」「ワサビを食べたあとマヨネーズを食べるとワサビ特有のツーンがなくなる」など5つの「いっぺんやってみてほしいこと」を、誠子が実際に試す。果たして結果は。

また狭すぎる飲食店の売り上げを勝手に心配するコーナーでは、森脇健児の兄弟子にあたる、松竹芸能の若井たまるがマスターを務めている店が登場。その流れで、スタジオのますだおかだ岡田が松竹の師匠にまつわる伝説を語り、出演者たちを驚かせる。伝説の数々にメッセンジャーも「今度松竹の師匠方を番組に呼ぼう!」と前のめりに。どんなトークが展開されているのか最後までお見逃しなく。

メッセンジャーの○○は大丈夫なのか?
MBS 2016年7月21日(木)23:58~24:53<出演者>MC:メッセンジャー黒田パネラー:メッセンジャーあいはら / 野呂佳代 / ますだおかだ岡田 / 野性爆弾くっきー / アジアン馬場園VTR:尼神インター誠子 / 浅越ゴエアシスタント:玉巻映美(MBSアナウンサー)

最終更新:7月20日(水)9時54分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。