ここから本文です

16メートルの燈籠山完成 20日から珠洲市で祭り

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 7月20日(水)11時0分配信

 珠洲市飯田町で20、21日に行われる市無形民俗文化財「燈籠山(とろやま)祭り」で、メーンの呼び物となる高さ16メートルの山車(だし)「燈籠山」が19日、同町の飯田わくわく広場で完成した。2年に1度の作り替えで完成した、高さ約7メートルある「武甕槌命(たけみかづちのみこと)」の新造人形が飯田の町を見下ろし、迫力ある姿で見物人を楽しませた。

最終更新:7月20日(水)11時0分

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ