ここから本文です

MONO、9thアルバム『Requiem For Hell』を10月発表 トレーラー映像公開

CDジャーナル 7月20日(水)18時7分配信

MONO、9thアルバム『Requiem For Hell』を10月発表 トレーラー映像公開

MONO、9thアルバム『Requiem For Hell』を10月発表 トレーラー映像公開

 インストゥルメンタル・ロック・バンドのMONOが9枚目となるアルバム『Requiem For Hell』を10月14日(金)にリリースすることを発表。YouTube(youtu.be/OI51id85jyo)では、タイトル曲をフィーチャーしたトレーラー映像が公開されています。

 過去3作のプロデュースも手がけているスティーヴ・アルビニ(プロデュース / 録音 / ミックス)と、ボブ・ウェストン(マスタリング)という、シェラックのメンバーのサポートにより完成した『Requiem For Hell』。ストリングスの音が加わり“ロックとオーケストレーションのダイナミクスの融合”というバンドのテーマをさらに推し進めた内容について、全作曲を担当したTakaakira‘Taka' Goto(g)は、「1曲、また1曲と書き終え、タイトルをつけたあとに、偶然にダンテの“神曲”を読み、自分たちがダンテと同じものにコネクトしていたんだと気づいた。生きながらにして、地獄を抜け、煉獄、そして天国へ行き、現代に戻ってくるという神曲のストーリーはまさに今回のテーマと全く同じものだった」と語っており、本作のジャケット・アートワークについては「メインカヴァーはグスタフ・ドレが描いた神曲の最後のシーンを使用した」とコメントしています。

 8月からヨーロッパの音楽フェスを巡るツアーがスタートするMONO。世界同時リリースとなる『Requiem For Hell』を携えたワールド・ツアーは10月より行なう予定となっています。詳しいスケジュールや最新情報はオフィシャル・サイト(www.monoofjapan.com)をご覧ください。

最終更新:7月20日(水)18時7分

CDジャーナル