ここから本文です

【Krush】野杁正明、地元名古屋で再起戦「しっかり仕留める」

イーファイト 7月20日(水)20時44分配信

 8月20日(土)愛知・名古屋国際会議場イベントホールで開催される『Krush.68 ~in NAGOYA~』にて、ワンマッチに出場する野杁正明(K-1ジム EBISU小比類巻道場)が、7月20日(水)都内所属ジムで公開練習を行った。

【フォト】王者ゲーオと接戦を繰り広げる野杁

 最初に2分間のシャドーボクシングで軽快な動きを披露した野杁。続くミット打ちでは強烈なミドルキックを何度もミットに叩き込み、ジム内に快音を響かせた。

 前回の試合出場は6月24日の『K-1 WORLD GP -65kg世界トーナメント』。野杁は初戦でマサロ・グランダーを破り、続く準決勝では王者ゲーオ・ウィラサクレックに接戦の末、判定で敗れた。

「大きなダメージはありませんでしたが、2週間ほど休ませてもらい、それから練習を再開しました」と野杁。敗戦を引きずることなく、既に次戦に向けて気持ちを切り替えている。

 準決勝で戦った王者ゲーオについても「もちろん強かったですが、意外といけるなと思いました。ゲーオ選手も一番苦しかったのは野杁戦と言っていたので。次にワンマッチで戦うことがあれば、必ず勝つ自信があります」と、王者超えの手ごたえを掴んだようだ。

 今回、野杁が対戦するワン・ポンフェイ(中国)は、中国の一大格闘技イベント『WLF武林風』を主戦場とする23歳のファイター。飛びヒザ蹴りを得意としており、2014年にWLF武林風 -65kg新人王に輝いた実績を持つ。

 ポンフェイとの対戦を前に、野杁は「最近の中国はレベルも上がっているし、どんどん強い選手も出てきてるので、気を付けなければいけないと思います」と気を引き締める。

 しかし、「言い方は悪いですが、あの程度の選手に負けているようでは、次には進めないと思います。終始、僕のペースで試合を進めて、最後はしっかり仕留めて終わらせたいですね」と、地元名古屋での凱旋試合に向けてしっかりと圧勝を宣言した。

最終更新:7月20日(水)20時44分

イーファイト