ここから本文です

鳥谷見逃し三振にヤジ、罵声…阪神9年ぶり甲子園6連敗に虎党の不満爆発寸前!

デイリースポーツ 7月20日(水)6時59分配信

 「阪神1-6巨人」(19日、甲子園球場)

 甲子園が泣いている。先発・能見篤史投手(37)が三回途中6失点でKOされ、打線も奮わずに完敗。本拠地・甲子園では2007年以来、9年ぶりの6連敗となった。今季甲子園の巨人戦も引き分けを挟んで5連敗。11打席連続無安打の鳥谷敬内野手(35)に対しては、スタンドから厳しいヤジが飛んだ。

 君がヒーローだ、とスタンドが叫ぶ。続くのは快音とはいかない。だから歓声ではなくため息が聞こえてくる。奪ったのは5安打でわずか1点。まだ続く甲子園での連敗。不発の阪神打線にあって、鳥谷がまだ目覚めない。これでは負の連鎖は断ち切れない。

 「(初回は)ノーアウト二塁?まあ、トリがサードに進められなかったのもあるし」

 試合後の会見場に金本監督の言葉が重く響いた。報道陣に問われて振り返ったのは初回の好機。西岡の二塁打で無死二塁となり、続く鳥谷へ。3ボールから2球見逃しでフルカウントに。最低でも西岡を三塁に進めたかったが、7球目の直球を打ち損じた形で捕邪飛に。勢いを付けられず、無得点に終わった。

 後半戦のキーマンの一人に挙げられた背番号「1」。トンネルの出口は見えてこない。三回2死で見逃し三振に倒れると、スタンドからは厳しいヤジや罵声も飛ぶなど、騒然とした雰囲気が生まれる。前日は3三振を含む4タコ。五回の打席は四球で出塁したが、八回無死一塁では投ゴロに倒れ、この日も無安打に終わった。

 この日は1番の西岡が3安打。それだけに、2番の鳥谷がつなげれば、さらに得点機も増えていた流れ。もちろん、鳥谷だけが打てなかったわけではない。先発の内海に対し、結果的に計11三振を喫してしまった。左腕の制球の良さを認めた上で、指揮官が嘆く。

 「バッターも駆け引きしないと。漠然と甘い球だけを拾おうとしても、何回も口酸っぱく言ってるんだけど。全部の球が打てるわけないんだから。甘い球はそんなに来ませんよ、なかなか」

 これで甲子園では6月28日・DeNA戦の勝利を最後に、07年以来9年ぶりの6連敗に。甲子園での巨人戦も6戦5敗1分け。ファンも分かっている。歌えないままの六甲おろし。三回のバッテリー交代時にも厳しい罵声が飛び交うなど、スタンドのストレスが日に日に増す展開が続いているのが現状。このままでは終われない。

 金本監督は「それは勝ちにいくだけ、こっちは。全力を尽くして」と力強く前を向く。まずは目の前の一つ。20日の巨人戦に勝つ。それだけしかない。そのためにも主力の奮起が求められる。いつまでも泣いたままの甲子園では寂しすぎる。

最終更新:7月20日(水)7時52分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]