ここから本文です

中国で大ケガ負ったデンバ・バ 引退は考えず「乗り越えられる」

ISM 7月20日(水)10時36分配信

 選手生命を脅かされるほどの重傷を負った上海申花(中国)FWデンバ・バ(31)だが、このケガにより現役を引退することはないと、復帰への意気込みを表した。英『BBC』が現地時間19日に報じている。

 デンバ・バは中国スーパーリーグの試合で、相手選手からのタックルを受けて、左足があらぬ方向に折れ曲がり骨折。上海申花のグレゴリオ・マンサーノ監督は試合後、同選手が「選手生命を終わらせかねない」ケガを負ったと述べ、引退の可能性も危惧されていた。

 それでもデンバ・バは「本当にひどいケガだけど、乗り越えられる。キャリアを終わらせることはない。それは確かだ」「ここのシーズンは11月に終わり、3月に新シーズンが始まる。僕は復帰できるようにベストを尽くす」と復帰への意気込みを表した。

 ウェストハムやニューカッスル、チェルシー(以上イングランド)などでプレーしたデンバ・バは、昨年7月にベジクタシュ(トルコ)から移籍金1200万ポンドで上海申花に加入。今季は中国スーパーリーグで18試合に出場し、14ゴールを挙げて得点ランク首位に立っている。

最終更新:7月20日(水)10時36分

ISM