ここから本文です

宝富士 2敗死守で首位タイ浮上! 上位戦終了で平幕Vのビッグチャンス到来

デイリースポーツ 7月20日(水)6時59分配信

 「大相撲名古屋場所・10日目」(19日、愛知県体育館)

 西前頭2枚目の宝富士が大翔丸を押し出して勝ち越しを決めるとともに、2敗を守って首位タイに浮上した。既に上位戦を終了しており、2012年夏場所の旭天鵬(現大島親方)以来の平幕優勝の可能性も出てきた。大関稀勢の里は松鳳山に突き落としで敗れて2敗目を喫し、首位に並んではいるものの、綱とりに黄信号が点灯した。十両宇良は阿夢露に敗れて3敗目を喫した。

 今場所のダークホースがついにトップに並んだ。宝富士は立ち合い素早く左を差し、大翔丸におっつけられると、差し手を抜いて、左から強烈ないなし。たまらず泳いだ相手を振り向きざまに押し出した。

 幕内に上がってから10日目までの勝ち越しは、9日目で給金を直した2013年初場所以来2度目。「ちょっと緊張したけど、落ち着いて取れた。体も動いているし、珍しく突っ張りも効いた」と、タレントのマツコ・デラックス似のマスクに笑みを浮かべた。

 取組後、1敗だった稀勢の里と高安が相次いで敗れ、2敗で賜杯レースのトップタイに押し上げられた。「優勝?いや、次は10番勝つのが目標」と謙虚に話したが、続けて「11番勝ったら優勝も見えてくる」と本音も飛び出した。

 前夜、アキレス腱(けん)断裂で休場中の兄弟子・安美錦からSNSのLINE(ライン)で「こういうチャンスはないから、しっかりやるように」と励ましを受けた。実際、既に1横綱3大関との対戦を終えており、同部屋の日馬富士、照ノ富士とは取組がないだけに、平幕優勝のビッグチャンス。「押されない自信はついたので、落ち着いて臨めば、自分の相撲を取れる」。終盤一気の伸びで混戦の賜杯レースを抜け出す。

最終更新:7月20日(水)8時36分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]