ここから本文です

Lenny code fiction、「D.Gray-man HALLOW」OPテーマのMVを公開

CDジャーナル 7月20日(水)18時7分配信

Lenny code fiction、「D.Gray-man HALLOW」OPテーマのMVを公開

Lenny code fiction、「D.Gray-man HALLOW」OPテーマのMVを公開

 新鋭ロックバンド“Lenny code fiction(レニーコードフィクション)”が、TVアニメ「D.Gray-man HALLOW」(テレビ東京系)のOPテーマに起用されているシングル「Key -bring it on, my Destiny-」を通常盤(KSCL-2769 1,204円 + 税)、アニメ盤(KSCL-2770 1,111円 + 税)の2形態で8月31日(水)にリリース。発売に先駆け、同楽曲のミュージック・ビデオがYouTube(youtu.be/dDeoKL8yURs)およびGYAO!(gyao.yahoo.co.jp/player/00100/v10721/v0993900000000548323)にて公開されています。

 「D.Gray-man HALLOW」の主人公“アレン・ウォーカー”(CV 村瀬 歩)がナレーションを務めるスポット(youtu.be/rmz6aCa2S6Q)も話題となっている「Key -bring it on, my Destiny-」。MVは、abingdon boys school「WE aRE」やKalafina「ひかりふる」、KANA-BOON「Talking」といった作品を手がけてきた多田卓也が監督を務めています。

 なお、同楽曲の“TV size”ヴァージョンは7月5日よりiTunes 、mora、レコチョクでの配信がスタートしています。詳しくはオフィシャル・サイト(lennycodefiction.com)にてご確認ください。

最終更新:7月20日(水)18時7分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。