ここから本文です

ロシア建設会社、「有能な北朝鮮人らが修理する」と積極PR=RFA

WoW!Korea 7月20日(水)10時20分配信

ロシアの建設会社が、北朝鮮人の積極雇用を公でアピールし、注目を浴びている。米国自由アジア放送(RFA)が19日(現地時間)、報道した。

 ウラジオストクに所在する建設会社は、ウェブサイト(remontkorea.ru)を通して「有能な北朝鮮人らが、ビルの室内外改善補修工事を立派にやり遂げます」とし、「安い価格と良質なサービスで修理いたします」と広報した。

 また、同ウェブサイトには北朝鮮人労働者らの団体写真も掲載。多様な専門性と経歴をもつ北朝鮮人らが7年間、ウラジオストクで高い評価を得ていると紹介した。

 一方でRFAは、サイト上ではロシアの建設会社が北朝鮮人労働者を雇用したと表記しているが、疑わしい部分を指摘。サイト内にロシアの雇用主や関係者の写真が存在しないだけでなく、最初から最後まで北朝鮮人スタッフに関する詳細が明記されていないのだ。

 これについて、RFAは「万が一、北朝鮮人労働者が自ら作っているのだとすれば、この会社は北朝鮮からロシアへ進出した北朝鮮労働者らが集まって作ったものであり、そうでなければ、北朝鮮当局が設立した会社であるだろう」と推測している。

最終更新:7月20日(水)10時20分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。