ここから本文です

中村勘九郎、猿飛佐助でノーバウンド始球式! 「自分でも驚き」

cinemacafe.net 7月20日(水)16時45分配信

“真田イヤー”と呼ばれる今年、映画と舞台が同時期に公開&上演されることが決定している「真田十勇士」。今回、9月の映画の公開に先駆け、映画・舞台の初演・再演と3作共に堂々主演・猿飛佐助を務める演劇界の若き至宝・中村勘九郎が、7月19日(火)に行われた伝統の「阪神×巨人戦」のファーストピッチに登板した。

【写真】始球式の様子

本作の猿飛佐助は歴史を変える大嘘で、真田幸村を天下一の武将に仕立て上げる。この日、阪神甲子園球場に登場した中村さんは、明るくお茶目で、戦になると本来の強さを発揮する魅力満点の佐助がスクリーンから飛び出し、劇中の衣装そのままにマウンドに降り立った。鍛錬された身体を使ったアクションシーンで見せる忍びのような素早い動きで、伝統の一戦の幕開けにふさわしい一球を投じ、スタジアムを大いに盛り上げていた。

見事なピッチングを披露した中村さんは「自分でも驚きです。嘘偽りなく本当に、こういったイベントで投げるのは初めてだったので…」と自身も驚きを隠せないよう。というのも、子どもの頃からも野球経験はなく、初めてとのこと。かつては野球部に入りたかった中村さんだが、学校でぞうきんの忘れ物をしたことをきっかけに「それが原因でうちの母親とトラブルになって、入部届けにサインしてくれなかった」と幼き思い出を明かした。まったくの野球初心者ということもあり、相当練習したかと思いきや、中村さんは「昨日1日だけです。『明日、ファーストピッチセレモニーがあるんですよ』と言ったら『練習しておかないのは無謀だよ』と言われて、そこで練習しました」と、1日の練習で本番に臨んだという。

また、映画『真田十勇士』については「ものすごいことになっています。というのも、いまの日本でこんなに派手なものを作っていいんだろうか? 怒られないんだろうか? というくらい、豪華で派手な作品になっております。お子様からおじいちゃんおばあちゃんまで楽しめる娯楽大作になっておりますので、アクションだけではなく、親子の愛やロマンス、いろんなものが詰まっておりますので、ぜひぜひ劇場へお越しくださいませ!」とメッセージを寄せた。

本作の舞台は、関ヶ原の戦いから14年たった戦国の世。天下の名将と名高い武将のはずが、実は“腰抜け男”であった真田幸村(加藤雅也)を本物の立派な武将に仕立てるため、抜け忍・猿飛佐助(中村さん)が個性豊かな仲間たちと大博打に打って出る、という大胆なストーリーを展開する。中村さんのほかにも、端麗で頭も切れ、「真田十勇士」を佐助とともに支えていく霧隠才蔵役の松坂桃李。佐助と才蔵の幼なじみで、才蔵に対して密かな感情を抱きながらも、女忍びとして彼らの命を狙う“くのいち”火垂役に大島優子。さらに永山絢斗、加藤和樹、高橋光臣、駿河太郎、村井良大、望月歩、青木健ら注目の人気若手俳優も集結している。

映画『真田十勇士』は9月22日(木・祝)より全国にて公開。

舞台「真田十勇士」は9月11日(日)より東京・新国立劇場 中劇場を皮切りに上演。

最終更新:7月20日(水)16時45分

cinemacafe.net