ここから本文です

「夢のバイト」募集 1週間で200万円超=ソウルの免税店

聯合ニュース 7月20日(水)10時26分配信

【ソウル聯合ニュース】ソウル市内の空港型免税店「ギャラリア免税店63」が、1週間、ショッピングや観光などを楽しみながら63ビルで働く人を募集する。賃金として2万ドル(212万円)が支払われるという。

 「ゴールデンチャンス・イン・ザ・ゴールドバー」と名付けられたこのイベントは、10月3~9日までの1週間、働きながら同免税店や63ビルをPRする3人を選ぶもの。

 ビル内の水族館で魚に餌をやったり遊んだりしながら働くと2万ドルが支給される。

 選ばれた3人には勤務期間中の食事やザ・プラザホテルの宿泊が無料で提供される。外国人や在外韓国人の場合、往復航空券もプレゼントされる。

 1週間の勤務内容は免税店での新商品ショッピング、展望台や美術館での天気観測、ビル内のレストランでの食事、ソウル世界花火祭りの観覧、漢江ヨット体験、主要観光地のPRなど。

 体験した内容を個人の交流サイト(SNS)を通じ、動画で公開する。

 募集期間は来月15日まで。18歳以上で韓国、中国、日本国籍を持つ人であれば誰でも応募できる。

 応募希望者は自分で撮影した1分間の自己紹介動画をSNSにアップして、ギャラリア免税店のイベント専用サイト(goldenchance.galleria-dfs.com、右上クリックで日本語ページへ)に自分のSNSのURLを掲載する。

 書類審査通過者を対象にオンライン公開投票を行い最終的に3人が選ばれる。

最終更新:7月20日(水)10時31分

聯合ニュース