ここから本文です

テイラー大激怒!カニエとのバトルが再燃

シネマトゥデイ 7月20日(水)12時27分配信

 人気ラッパー、カニエ・ウェストの妻でタレントのキム・カーダシアンが、カニエの新曲「Famous」をめぐる夫とテイラー・スウィフトの会話をリークし、テイラーが激怒している。

【写真】カニエとキム・カーダシアン夫妻

 2009年のMTVビデオ・ミュージック・アワードでテイラーが最優秀女性ビデオ賞を受賞した際、カニエがステージに乱入し、「ビヨンセがベストだ」と言いがかりをつけたことから始まった二人の確執。その後、関係は修復されたとみられていたが、新曲「Famous」でカニエが「オレとテイラーはまだセックスするかも。なぜかって、オレがあのビッチ(尻軽女)を有名にしてやったから」と歌ったことが再び物議を醸していた。

 事前にテイラーの承諾を得ていたというカニエ側の主張をテイラー側は否定していたが、キムはスマホ向けアプリ・Snapchatで、カニエが電話でテイラーと同曲についてやりとりしている様子を公開。その動画には、カニエが「オレとテイラーはまだセックスするかも」という歌詞があることを伝えると、テイラーが「褒め言葉みたいなものよね」と笑って答えるところなどが録音されている。

 しかし、テイラーはその後、「カニエ・ウェストが無断で電話を録音し、キムがネット上で公開したことに関して」とInstagramを更新し、「カニエがわたしに『あのビッチ』と呼ぶことを伝えたビデオはどこにあるの? そんなものは存在しない。なぜなら伝えられていないから。世界中の前で『あのビッチ』と呼ばれる人の気持ちをコントロールする権利なんてあなたにはない」と反論。

 「もちろんあの曲を好きになろうとしたわ。わたしもきっと気に入ると言ったカニエを信じたかった。友好的な関係でいたかったの」としながらも、「曲を聴かせてくれると約束したのに、結局聴かせてくれなかった。電話ではカニエをサポートしようと思ったけど、聴いたこともない曲を承認することなんてできない。それなのにウソつき呼ばわりされるのは中傷でしかない。2009年から始まった、この関わりたいと言ったこともない問題から早く排除してほしい」とカニエ夫妻を非難した。(編集部・中山雄一朗)

最終更新:7月20日(水)12時27分

シネマトゥデイ