ここから本文です

レスター、主将モーガンと19年まで契約延長 昨季は史上3人目の快挙達成

ISM 7月20日(水)17時22分配信

 レスター(イングランド)は現地時間19日(以下現地時間)、主将DFウェズ・モーガン(32)と新契約を締結し、2019年までとしたことを発表した。クラブ公式HPが伝えている。

 モーガンは2012年1月にノッティンガム・フォレストからレスターへ加入し、昨季はキャプテンとしてチームの歴史的なプレミアリーグ制覇を牽引した。シーズン全試合フル出場でプレミアリーグ優勝に貢献したのは、フィールド・プレーヤーでは1992-93シーズンのガリー・パリスター氏(マンチェスターU)、2014-15シーズンのジョン・テリー(チェルシー)に続く史上3人目の快挙となった。

 同選手はクラブを通じて「今後もレスターでプレーすることが決まり、素晴らしい気分だ。チームメイトとともに、このチームのためにプレーすることへの自分の思いというのは、誰もが知っているはず。だから、長くこのユニフォームを着続けるチャンスを与えてもらったことを、誇りに思う」とコメントした。

 また、「優勝カップを掲げた瞬間のことは決して忘れない」と話し、王者として臨む新シーズンを見据え「タイトルを守るために全力を尽くし、チャンピオンズリーグでも力を示していかないといけない」と意気込みを語っている。

 頼もしいベテランの契約延長に、クラウディオ・ラニエリ監督も「ウェズはチームリーダーであり戦士でもある。彼が今後もここでプレーしてくれることになり、とても幸せだ。非常に大事なシーズンを目前に控え、チームは彼を必要としている」と歓迎のコメントを出した。

最終更新:7月20日(水)17時22分

ISM

スポーツナビ サッカー情報