ここから本文です

新人声優グループ「ツキクラ」選抜8名発表!サプライズ発表にファンも歓喜

cinemacafe.net 7月20日(水)19時0分配信

2.5次元芸能事務所「ツキノ芸能プロダクション」のリアル新人声優グループ「ツキクラ」が、初の単独ホールイベントを7月18日に開催。キャラクターユニットCDデビューをかけたファン投票で決した選抜8名の発表に加え、サプライズ発表として13人全員でのCDリリース&今冬に再びイベント開催が決定! 詰めかけた約400名のファンが歓喜した。

【写真】ライブコーナー/「TSUKINO CROWD FESTIVAL 2016 SUMMER」

次世代を担う男性声優の発掘・育成プロジェクトとして、ソニー・ミュージックエンタテインメントがアニメイトグループ協力のもと開催したリアルオーディション「ツキプロ Music Grand Prix 2016」で、見事合格した13名の新人声優グループ「ツキクラ」。架空の2.5次元芸能事務所「ツキノ芸能プロダクション(ツキプロ)」のリアルなアーティスト候補生として、テレビアニメ放送が始まった人気シリーズ「ツキウタ。 THE ANIMATION」に登場するキャラクターのように、歌って踊れる声優アーティストを目指し活動中だ。

活動開始から約4か月、満を持してツキクラ初の単独ホールイベント「TSUKINO CROWD FESTIVAL 2016 SUMMER」(略称:クラフェス)を開催。MCを先輩声優の山中真尋、間宮康弘が務める中、メンバーの荒一陽、市川太一、糸川耀士郎、井上雄貴、大島尚起、大海将一郎、菊地燎、小松準弥、徳武竜也、西野太盛、筆村栄心、古畑恵介、松岡一平らがお揃いのツキクラTシャツに身を包んで登場。会場に詰めかけたファンは、サイリウムを手に大きな歓声で迎え入れ、荒さんが「今日はみなさんで夏の思い出を共に作りましょう!」と呼びかけ、イベントがスタートした。

この日は、2チームに分かれて、オーディションの課題曲でもあった「グロリアス・ストーリー」と「I need you」を披露するライブコーナーや、朗読劇「ある白雪姫の秘密」を全員でお披露目。おなじみの物語を大胆にアレンジしたユニークな内容に、随所にアドリブが展開され、ツキクラの個性あふれる朗読劇に会場からは絶えず笑いが巻き起こった。そして、オリジナル曲「未来のPiece」のフルコーラスを本邦初披露。メンバーで息の合った歌とダンスに、ファンの熱気は最高潮! 「みんなでイケメンの顔でやろう!と揃えました」(筆村さん)、「各々で自主練もやったり教えあったりして、成功させたいという想いがあって。振付も、どの角度がカッコいいだろうと話したり、『それいいね』とかいっぱい話し合ったりして時間をかけてやりました」(西野さん)とそれぞれに晴れやかな表情でふり返った。

終盤は本日のメインイベントでもある選抜メンバーが発表。1位に選ばれたのは、中間発表でも1位だった井上さん。「順位が変わるとしたら落ちるしかないわけで、キープできるかどうか正直不安でした。みなさんの応援に恥じないよう、自信を持って頑張ろうと思って今日までやってきました。本当にうれしいです!」と喜びを語った。

2位は小松さん、3位の松岡さんは名前を呼ばれた瞬間から喜びの涙が。4位は大海さん。5位の大島さんは「みなさんに恩返しします」と終始涙ながらに語った。6位は徳武さん。7位は古畑さん。客席に深々とお辞儀をした古畑さんは「今回選んでもらったことに対してうしろめたさを感じていません。なぜなら一か月間メンバーとたくさん話して、その上でツキクラは13人で1つだと結論に至ったからです」と力強く述べた。そして、8位には糸川さんと、中間発表では圏外だった4人が選抜入りするという大接戦。今回選抜された8名は、ツキノ芸能プロダクションのタレントとして、今後キャラクターソングCDをユニットでリリースする。

そして、サプライズ発表が。ファンの熱い声援にこたえ、キャラクターではなく、「ツキクラ」13人全員で歌う初のオリジナルCD「未来のPiece」のリリースが決定。さらに、12月13日(火)には2回目のクラフェス「TSUKINO CROWD FESTIVAL 2016 WINTER」の開催も決定した。

惜しくも8人に選ばれなかったメンバーも、「また次のクラフェスが決まったので、またそこで挽回できるよう、より一層これから頑張っていきます!」(荒)、「残念ながら選ばれることが出来ませんでしたが、僕自身のいまの位置が分かったということで、とても有意義な投票だったと思います。力不足でしたが精進します!」(市川)、「これが第一幕の集大成、これからの第ニ幕をぜひとも楽しみにしていただきたいです」(菊地)、「結果がすべてということで、前を向いてこれから頑張っていくので応援よろしくお願いします」(西野)、「まだまだ僕は夢の途中なんだなと思いました。なので、これからみなさんの期待に応えられるよう頑張りたいと思います」(筆村)と、ファンへを前にそれぞれ心境を述べた。

イベント中、井上さんが「まだまだツキクラにはいろんな可能性があると思います。13人でのツキクラ、ここで終わるつもりはありません。まだまだ駆け抜けていきます!」とファンに向けて語った言葉のように、今後も活動予定が目白押し! 秋には13人全員に2次元の担当キャラクターがつくことが決定しているほか、10月からはツキクラメンバーが出演する声優バラエティ番組「ツキプロch.」(TOKYO MX)の2期放送もスタート予定。

イベントの最後には、全員が今後「ツキクラ」としてのさらなる成長と活躍を決意し、ファンと約束を交わした。

最終更新:8月22日(月)23時25分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。