ここから本文です

【HBAセレクションセール】最高価格は「テンイムホウの15」父はルーラーシップ

東スポWeb 7月20日(水)11時19分配信

 先週、大盛況に終わったセレクトセールの余韻が残る中、19日に北海道新ひだか町静内の北海道市場でHBAセレクションセール2016(1歳馬対象)が開催された。

 前日展示は天候に恵まれたが、セール当日は朝からかなりの量を記録する雨となった。それでも上場番号1番のロードカナロア産駒シタールの15から3000万円を超える激しい競り合いとなった。売却率は73・5%で、好況だった昨年を上回った。平均価格も200万円以上高くなった。

 この日の最高価格は5000万円でテンイムホウの15(牡=父ルーラーシップ)が雅苑興業に落札された。母(JRA5勝)によく似て、いい馬に映った。

 2番目に高額で取引されたのはレオアクティブ(京成杯AH)の半弟にあたるレオソレイユの15(父ロードカナロア)で4100万円で鈴木可一氏が落札した。運動神経の良さそうな馬で、気性面も安定している。

 ショウリュウムーン(JRA重賞3勝)の半弟にあたるムーンザドリームの15は、やはり人気のルーラーシップ産駒で、3番目の高値の3900万円。“ミヤジ”の冠名で馬を走らせている曽我司氏が落札した。

 同じく3番目に高額な3900万円で取引されたのがダイワエンジェルの15(牡)。ハードスパンの産駒で、骨量があってダート向きかもしれないが、丈夫で堅実に走りそうなタイプに見えた。落札者は“サトノ”の冠名でおなじみの里見治氏だった。ディープインパクト産駒はいなかったが、相対的に上々のセールといえそうだ。

最終更新:7月20日(水)11時19分

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ