ここから本文です

【中京2歳S】良血ディーパワンサ 中京から新風吹き込む

デイリースポーツ 7月20日(水)6時59分配信

 「中京2歳S」(23日、中京)

 父は12年ダービー馬で新種牡馬のディープブリランテ。ディーパワンサが無傷2連勝を狙う。母ポロンナルワ(未出走)は、今年のオークス馬シンハライトの半姉という良血馬だ。

 新馬戦が余力残しの勝ち方だった。前半は鞍上が促しながらだったが、直線は鋭い反応と伸び。最後は流す余裕すらあった。「乗り味がいいし、攻め馬も動いていたからね」と河北助手は期待通りのVを強調する。

 使った上積みも大きい。「攻め馬では掛かるぐらいの行きっぷりが出てきた。古馬が通用しないぐらい。どれもかなわないんだから」と苦笑いするほど。「体も前走ぐらいで出られそうだし、マイルも問題ない。勝負根性がある」。鼻差の接戦を制してダービー馬になった父の勝負強さも受け継いでいる。

 先日行われたセレクトセール。1歳馬は1~6位、当歳馬が1~5位までと、ディープインパクト産駒が売却額の上位を独占した。そんな大種牡馬の血も継ぐブリランテの産駒が、新たな風を吹き込むか。

最終更新:7月20日(水)8時42分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]