ここから本文です

「金」で1000万円と10季分シード 五輪代表に池田勇太、野村敏京ら正式発表

デイリースポーツ 7月20日(水)6時59分配信

 五輪ゴルフ競技対策本部は19日、東京都内で記者会見し、リオデジャネイロ五輪代表に男子の池田勇太(30)=日清食品=と片山晋呉(43)=イーグルポイントGC、女子の野村敏京(23)と大山志保(39)=大和ハウス工業=が正式に決まったと発表した。

 金メダリストには報奨金1000万円に加え、10シーズン分の日本ツアーのシード権を与える。銀は500万円+5シーズン分のシード権、銅は300万円+3シーズン分のシード権となる。シード権は選手の判断で断続的に行使可能で、最終年齢は男子は49歳、女子は検討中。倉本昌弘・強化委員長は「日本としてメダルを取るべく頑張っていく」と語った。

 また、男女2種類の公式ウエアがお披露目された。折り紙や日の丸などがコンセプトで、白、赤、紺の3色が基調のシンプルなデザインとなっている。4年後の東京五輪を見据え、強化資金などの確保を目指し、公式ウエアのレプリカを近く一般販売する。

最終更新:7月20日(水)8時22分

デイリースポーツ