ここから本文です

『妖怪ウォッチ』シリーズの国内累計販売本数が1000万本を突破!

ファミ通.com 7月20日(水)15時56分配信

●シリーズ発売から3年で1000万本を達成!
 ゲーム総合情報メディア“ファミ通”は、レベルファイブより発売の『妖怪ウォッチ』シリーズの国内累計販売本数が1000万本を突破したことを発表した。

 以下、リリースより。

----------

「妖怪ウォッチ」シリーズ国内累計販売本数1000万本を突破!

 ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、株式会社レベルファイブより発売の「妖怪ウォッチ」シリーズの国内推定累計販売本数を速報としてまとめました。

■「妖怪ウォッチ」シリーズ 売上速報
(集計期間:2013年7月11日~2016年7月17日)

国内推定累計販売本数:10,438,903本
※パッケージ版のみの集計で、ダウンロード版の本数は含みません。

■今回の速報について
 「妖怪ウォッチ」シリーズは、「妖怪ウォッチ」(2013年7月11日発売/3DS)をはじめ、ニンテンドー3DSとWii U向けに計7タイトルが発売されており、このたびシリーズ累計1000万本を突破しました。
 
 シリーズで最もヒットした作品は「妖怪ウォッチ2 元祖/本家」(2014年7月10日発売/3DS)となり、累計317.8万本を記録しています。

 なお、最新作「妖怪ウォッチ3 スシ/テンプラ」(2016年7月16日発売/3DS)は、発売から2日で58.1万本を販売。本作と連動可能な玩具「妖怪ウォッチ」の新型発売や新作映画の公開を控え、今後さらなる販売本数の伸びが期待されます。

 さらに、7月27日に開催されるレベルファイブ新作発表会では、「妖怪ウォッチ」シリーズ最新情報の発表が予定されていることから、新たな展開にも注目が集まります。

最終更新:7月20日(水)15時59分

ファミ通.com

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。