ここから本文です

「ハイ・ライズ」トム・ヒドルストンの“堕落”ビジュアル到着、メイキング映像も

映画ナタリー 7月20日(水)12時1分配信

トム・ヒドルストンが主演を務めた「ハイ・ライズ」の新たなチラシビジュアル“堕落バージョン”が完成。あわせて特別映像がYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

SF作家J・G・バラードの小説をもとにした本作は、住人の社会的地位でフロアが分けられた高層マンションが舞台の不条理ドラマ。特別映像にはヒドルストンをはじめ、ジェレミー・アイアンズ、ルーク・エヴァンス、シエナ・ミラー、監督のベン・ウィートリーらのインタビューや、本作のメイキング風景が収められた。中層階に引っ越してきた医師ラングを演じたヒドルストンは、映画の魅力について「脚本は明瞭で面白くて陰気で真実で感銘を受けた」と説明している。

「ハイ・ライズ」は、8月6日より東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開。



(c)RPC HIGH-RISE LIMITED / THE BRITISH FILM INSTITUTE / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2015

最終更新:7月20日(水)12時1分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。