ここから本文です

ドローンを活用した測量サービス、テラドローンと日立建機が開始

レスポンス 7月20日(水)14時0分配信

テラドローンは、日立建機と共同で、UAV(ドローン)を活用した測量サービスを開始した。まず北海道の炭鉱でドローンによる地形測量を実施、結果を公表した。

現場は、砂子組が石炭の採掘権を保有する砂子炭鉱三笠露天坑で、その内部を、グループ会社の拓友工業が採掘作業を行っている60haの敷地内を対象に実施した。

今回の現場は高低差が大きく、極めて広いが、国土交通省が推進する「i-Construction」対応のドローン技術が、厳しい条件下でも適用可能かを証明するために実施したもの。

高低差約190m、広さ約60haの今回の現場は、従来の測量方法では多大な時間を要する。しかし、テラドローンと日立建機が提携し、拓友工業の現地での協力も得てドローン測量を行った結果、約2日間で全行程を終了した。

これは、一般的なドローン測量方法と比較し、所要時間で約5分の1、費用でも約3分の1の削減となった。

テラドローンでは、「今回の結果により、ドローン測量が極めて広い現場においても有効であることを実証した」としている。

今後、テラドローンは高精度なドローン測量技術を積極的に活用し、現場の設計から施工管理、維持までのプロセスに、3Dデータ活用を推進することで、施工全体の生産性向上を目指す。同時に、日立建機と連携をすることで、顧客に提供するソリューションの充実と、i-Constructionの普及に貢献していく。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:7月20日(水)14時0分

レスポンス