ここから本文です

「落語心中」アニメ2期を祝し、関智一や山口勝平がトークin上野

コミックナタリー 7月20日(水)12時1分配信

雲田はるこ原作によるアニメ「昭和元禄落語心中」の2期制作を記念したトークイベントが、8月5日に東京・グレースバリ 上野公園前店にて行われる。

【この記事の関連画像をもっと見る】

会場には与太郎役の関智一、アマケン役の山口勝平のほか、司会進行としてサンキュータツオが登場。アニメ1期の振り返りや、2期の展望、落語への思いなどが語られる。またトークに加え、映像上映や抽選会も開催。チケットは7月21日19時より一般販売される。

1月より放送され、4月1日にオンエアされた第13話にて最終回を迎えた「昭和元禄落語心中」。落語のために生きた石田彰演じる菊比古と山寺宏一演じる助六の過去を中心に描いてきた。2期では「昭和元禄落語心中~助六再び篇~」として続編が描かれていく。放送時期などは続報に期待しよう。

「昭和元禄落語心中」トークイベント~祝・アニメ二期決定!上野で夏の感謝祭~
日時:2016年8月5日(金)18:00開場、19:00開演出演: 関智一(与太郎役)、山口勝平(アマケン役)、サンキュータツオ(司会進行)会場:グレースバリ 上野公園前店

(c)雲田はるこ・講談社/落語心中協会

最終更新:7月20日(水)12時1分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。