ここから本文です

スピードワゴン小沢 小島よしお結婚報告でチュート徳井と“号泣”

東スポWeb 7月20日(水)15時2分配信

 お笑いコンビ「スピードワゴン」の小沢一敬(42)と初代「日本一かわいい女子高生」の“りこぴん”こと永井理子(18)が20日、都内で行われた新感覚サイコロゲームアプリ「街コロマッチ!プロジェクト」記者発表会に出席した。

 最近、同期のお笑いコンビ「チュートリアル」の福田充徳(40)をはじめ、小島よしお(35)、イジリー岡田(51)と芸人の結婚が続いている。

 自身のゴールインの可能性を聞かれた小沢は「僕は結婚願望ないです。みんなと遊んでいたいもん。誰かのためには生きられない」とコメント。今年の夏休みも同期で独身仲間のチュートリアル・徳井義実(41)と2人で旅行に出かけることを明かした。

 18日に入籍したばかりの小島からは19日の報道前に報告を受けたという。

「徳井君とのシェアハウスで一緒に住んでいるNSCの同期で、作家をやっているやつの誕生日会の時、小島から『伝えたいことがあります』と言われて。徳井と作家と3人で手をつないで『言うな、言うな』と言ったんだけど…」と複雑な心境を告白。結婚報告後、3人で涙を流したそうで、小沢は「先を越された悔しさと、『おめでとう』の涙だったんじゃないですかね」と苦笑しながら振り返った。

 3人の共同生活については「みんな自分の住んでるマンションはあるんだけど、僕は自分のマンションには1か月に1回しか帰ってない。徳井君は猫を飼ってるんで、たまに(シェアハウスに来る)。ボーッと酒を飲んで野球の話をしているけど、最近は会話がなくなってきて…。このゲーム(新感覚サイコロゲームアプリ『街コロマッチ!』)をみんなでやろうかな」と話した。

最終更新:7月20日(水)15時2分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。