ここから本文です

西武を解雇されたバンヘッケン投手 古巣施設で異例の投球練習

東スポWeb 7月20日(水)16時11分配信

 前ソフトバンク、ブライアン・ウルフ投手(35)の入団会見が行われた20日の西武では、その獲得枠を空けるため15日に解雇されたアンディ・バンヘッケン投手(36)が黙々と投球練習を行っていた。

 ウルフの入団会見の約2時間前、うだるような暑さの西武室内練習場ではバンヘッケンが一人、黙々とブルペン投球で汗を流した。

 解雇された外国人選手が帰国することなく古巣施設で練習を続けているのは極めて異例のこと。鈴木球団本部長が「(22日までの)ウエーバー期間中、練習場所を提供してほしいということなのでそうしている」というようにバンヘッケンの優先順位はあくまで“アジアファースト”。母国の米国に戻ってプレーするよりも日本、または4年間で58勝の実績を残した韓国球界や台湾などアジアでの再就職を優先させているようだ。

最終更新:7月20日(水)17時3分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]